気仙沼市へのソーラー街路灯寄付プロジェクト 設置場所視察

ドキュメンタリー映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』をご覧になった方々と共に東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼市の気仙沼・鹿折復幸マルシェ周辺に、太陽光発電で点灯する、ソーラー街路灯を寄付するプロジェクトについて、2012年12月15日(土)に、設置場所を視察してまいりましたのでご報告致します。

寄付を呼びかけたところ、気仙沼市内11か所分のソーラー街路灯設置費用につきましては、J.S.Foundation様に全額をご寄付頂きました。また、気仙沼市鹿折小学校に設置された1本につきましては、全国から寄付金をくださった皆様の寄付金にて設置致しました。ほぼ設置が完了したことをご報告すると共に、深くお礼申し上げます。これら12本すべて、気仙沼市への寄贈となっております。なお、設置に際し、メーカーである有限会社テックオカザキ様にもご支援をいただきましたことお礼申し上げます。
※雪のため、全部の設置については天候次第ですがまもなく完了する予定です。

動画レポート:

それぞれ自然災害が発生時、停電となっても点灯するため避難通路の要所要所に設置されています。動画もどうぞご覧ください。

これまでの経緯等はこちら

『気仙沼に光を!』 LEDソーラー街路灯寄贈についてのご報告


(C)復幸マルシェ 

ドキュメンタリー映画『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』の上映主催者に2012年6月16日以後、東日本大震災復興支援のため、気仙沼市の復興マルシェ周辺へのソーラー街路灯設置のための寄付を呼びかけました。
その結果、以下の内容にて12本のLEDソーラー街路灯の寄贈が決定しましたのでご報告致します。

設置場所視察レポート(2012年12月15日)

※発注先の有限会社テックオカザキ様に特別価格を提示頂いているため明細については公表できません。頂戴した寄付金の全額がそのまま商品購入、運搬、施工費用に充てられています。

※なお、有限会社テックオカザキ様は別途LED防犯灯を1台復興マルシェ宛にご寄付下さいました。心よりお礼申し上げます。


2012年5月、震災から1年が経過した気仙沼市の仮設商店街、復幸マルシェ塩田会長からのメッセージ。


全国一斉に上映会を開催した『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』上映会in気仙沼鹿折復興マルシェでの様子。


震災後に、再生可能エネルギーを普及するために立ち上がった「地域エネルギー創発ネット」の紹介映像。今回の『気仙沼に光を!』のプロジェクト・マネジメントを担当。

■気仙沼市内11か所への設置

J.S.FOUNDATION様のご支援により、気仙沼市内11か所へのLEDソーラー街路灯の寄贈が決定しました。プロジェクト運用は地域エネルギー創発ネットが行なっています。

設置内容:
LEDソーラー街路灯(e-Solart PVG-3(テックオカザキ製))11本

設置場所:
気仙沼市内11か所(PDF)

設置日:
2012年11月中予定

■宮城県気仙沼市立鹿折小学校への設置

全国の『第4の革命 - エネルギー・デモクラシー』上映主催者の皆様が寄付金を集めてくださり、鹿折小学校へのLEDソーラー街路灯1本の寄贈が実現します。

設置内容:
LEDソーラー街路灯(e-Solart PVG-3(テックオカザキ製))1本

設置場所:
宮城県気仙沼市立鹿折小学校

設置日:
2012年11月中予定

寄付者:
第4の革命上映会in宮崎
第4の革命上映会in福岡
孝道山復興支援プロジェクト(青年会・ボーイスカウト・ガールスカウト)様
有限会社横浜淡水様
コープかながわ川崎地区・コンシューマーズかながわ様
NPO法人 コアラッチ様
宇都宮崇人様
地域エネルギー創発ネット

ご協力いただきました皆様に、深くお礼申し上げます。

「気仙沼に光を!」に300万円のご寄付をいただきました!

6月6日に、『第4の革命』全国一斉上映ウィークの発表イベントをテスラのショールームで開催しました。上映主催者、プレス関係者など40名以上が集まりましたが、その時のご来場者、J.S.FOUNDATION様より300万円のご寄付のお申し出がありました!

「気仙沼に光を!」プロジェクトで気仙沼市の復幸マルシェ周辺に、ソーラー街路灯を寄贈しますが、まずはこちらの寄付金によって6本から11本のソーラー街路灯の設置が実現します。

今後、『第4の革命』全国一斉上映ウィーク期間中及び8月末まで集める寄付金につきましては、現地のニーズと今回設置できる本数次第で、追加設置するか、気仙沼の別のエリアへの寄贈とするか決定致します。現在、ソーラー街路灯の業者に見積もりを取っており、早々に決定する予定です。

まずは早速、設置に向けて動き始めたことをご報告致します!

※プロジェクト実行は、地域エネルギー創発ネットが行います。